2017 .02 .08  [ All ]

昨年に引き続き、iF Design Awardを受賞しました。

iF Design Award はドイツ・ハノーファーを拠点とする、デザイン振興のための国際的な組織インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)が1953年から主催し、毎年全世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定しています。

今年はラッキーコーヒーマシン株式会社(芝谷博司社長)の依頼によりササゲ工業株式会社(捧 謙二社長)が製造するコーヒーポット「DRIP POT Pro」が選定されました。ササゲ工業とは昨年の「三作」に続き二年連続受賞となりました。このポットは本体を1枚のステンレス板から造形する深絞りバルジ加工と呼ばれる製法で作られています。本体を熔接していないので注ぎ口の取付け位置を下部に下げる事が出来ます。お湯の注ぎにこだわり、注ぎ口の先端をウエーブカットと名付けたNCによる切削加工をほどこし、お湯の通り道の両側に壁を設けました。お湯を落とす際に視覚確認しやすく、本体のコントロール性に優れています。交換できる木柄(ブナ材)が取り付けられたハンドルはバランスよくお湯を落とす動作に負荷を掛けません。1日何杯もドリップするプロの方に向けた軽量で耐久性に優れたドリップポットです。

Share Button